第127回通常組合会を開催しました!

     令和2年度の事業計画・歳入最終予算などが可決決定されました

保険料は据え置きに!!

令和2年3月7日(土)、埼玉県県民健康センターで、第127回通常組合会が開催され、令和2年度事業計画及び歳入歳出予算など4議案について慎重な審議が行われました。その結果、1~3号議案は原案どおり可決決定され、4号議案は役員選考委員会が選出した候補者全員を組合会で選任・決定しました。
また、自家調剤制限規程の一部改正についての報告もされました。
コロナウィルスが流行る中、ご出席いただいた議員の皆様には、厚くお礼申し上げます。
突然の時間変更(時間短縮)や会場変更(広い会場へ)、全員マスク着用等、ご協力いただきましたことを改めて感謝いたします。

報告事項
 報告第1号  埼玉県薬剤師国民健康保険組合自家調剤制限規程の一部改正について
可決された議案
 第1号議案  令和2年度事業計画
 第2号議案  令和2年度歳入歳出予算
 第3号議案  法令遵守(コンプライアンス)体制の整備に関する基本方針の一部改正
 第4号議案  役員選出
可決された主な議案のポイント
令和2年度の事業計画
 ①組合員の負担を増加させないため保険料は据え置きにします。
 ②医療費の増加を抑制するため、「自家調剤制限規程」の一部を改正し調剤費の削減に取り組みます。
 ③がん検診の充実や組合員の出産祝い金を増額するなど保健事業の充実を図ります。
 ④組合運営や事務の効率化・経費の削減に努めます。
令和2年度歳入歳出予算
 予算総額は8億2,362万9千円で、前年度に比べて104万円増加します。歳入では国民健康保険料を据え置くことで減少しま
 すが、繰越金が増加することで、全体では若干の増加を見込みました。歳出では1人当たりの医療費が増加することから保
 険給付費は増加を見込み、また、がん検診の充実や組合員の出産祝い金の増額により保健事業費も増加します。
令和2年4月1日~令和4年3月31日までの2年間が任期の、当組合理事6名・監事2名が次のとおり決定しました。
役職 氏名 地区
理事長 本吉 義博(再任) 蕨地区
副理事長 根本 昌子(再任) 久喜・幸手地区
常務理事 持田 康煕(再任) 本庄・児玉地区
法令遵守担当理事 河野 惠子(再任) 所沢地区
理 事 和田 明(再任) 鴻巣地区
理 事 岸田 誠(新任) さいたま地区
 
監 事 山岸 勉(再任) 川口地区
監 事 長戸 琴(再任) 蕨地区
組合会の様子
挨拶をする本吉理事長
本年度も理事長再任
司会進行をする膳亀常務理事
昨年度で勇退
議事を進行する安藤議長と糸部副議長
自家調剤制限規程の改正及びR2年度事業計画について説明する根本常務理事
本年度は副理事長
R2年度歳入歳出予算説明する村上事務長 法令遵守基本方針一部改正について説明する
河野理事、本年度も引き続き
法令遵守担当理事
議案に賛成の挙手をする組合会議員 役員選考委員を決める議場 選考委員長をつとめた堀野議員