埼 玉 県 薬 剤 師 国 民 健 康 保 険 組 合
〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町3-5-1埼玉県県民健康センター4F
|TEL 048-827-0081|FAX048-827-0082|
メールお問い合わせ
       

目次 
詳細な情報はこちらから  
トップページ  
情報誌のご案内  
薬剤師国保 Q&A  
国民健康保険用語について  
書類ダウンロード  
事務局のご案内  
しくみと被保険者  
機構と沿革  
組合員の資格と種別  
国民健康保険料  
協会けんぽ適用事業所が加入するとき  
被保険者証について  
加入・喪失・変更等の手続き  
保険給付について  
療養の給付  
一部負担割合  
入院時食事療養費  
入院時生活療養費  
訪問看護療養費  
療養費  
移送費  
出産育児一時金  
葬祭費  
高額療養費  
高額療養費限度額適用の認定  
特定疾病による高額療養費  
高額医療・高額介護合算療養費  
高額療養費の計算  
70歳-74歳の方の医療制度・保険給付  
75歳以上の方の医療制度  
受けられない診療  
第三者行為(交通事故)  
保健事業について  
特定健康診査
 特定保健指導
 
特定健診・保健指導契約医療機関一覧  

健康診断補助
 (40歳未満)

 
脳ドック補助
(特定健診受診者対象)
 
インフルエンザ補助  
郵送検査  
スポーツ施設利用補助  
宿泊施設利用補助  
お祝い・表彰事業  
埼玉県薬剤師国民健康保険組合規約  
埼玉県薬剤師国民健康保険組合における個人情報保護の取り組み  
自家調剤制限規程  
特定健康診査等実施計画  
保健事業実施計画(データヘルス計画)  
理事長 新年のご挨拶
                                  埼玉県薬剤師国民健康保険組合
                              理事長 膳亀 昭三


 新年明けましておめでとうございます。組合員並びにご家族の皆様には、健やかに平成29年の新春をお迎えのことと心からお慶びを申し上げます。
 また、日頃から組合運営につきまして、格別のご理解とご協力を賜っておりますことに厚くお礼申し上げます。

 昨年はリオデジャネイロのオリンピック・パラリンピックで日本選手の活躍に大いに沸き、4年後の東京開催に期待が膨らんだ年でもありました。

 しかし、一方では4月14日に発生した熊本地震で最大震度7を観測し、死者数が130人を超える大きな被害が出るなど、災害への不安が募った年でもありました。今年は災害の少ない安全・安心な年になってほしいと願ってやみません。

 さて、当薬剤師国保組合を巡る話題に話を転じます。
 
 まず、皆様から毎月いただいている保険料についてです。
 今年の4月分(5月徴収)から保険料を平均で約17%引き上げさせていただきました。
 第1種組合員(事業主等)では月額7,000円の大幅な引宇き上げ額をお願いしました。その大きな要因は、国からの補助金が平成28年度から5年間、補助率が毎年2.8%引き下げになったことによります。

 来年度も国庫補助金が減少することから、組合員種別にもよりますが月額で
1,000円程度の引き上げを予定しています。引き続きご理解とご支援をお願いいたします。

 2点目は、マイナンバー(個人番号)制度の件ですが、いよいよ今年の7月から地方公共団体や当組合などの医療保険者間での情報連携がスタートすることになっています。
そのために必要となる「被保険者の個人番号」をJ-LIS(地方公共団体情報システム)から取得させていただきました。

 この情報連携の開始は、住民票の添付が省略されるなどのメリットがある一方で、個人情報の漏えいが心配されるなどの問題もあります。

 このため、組合では個人情報保護のための体制やハード面の整備を図ってきたところです。
また、先月12月からは適用関係の届出に個人番号を記載していただくため、届出様式を変更しました。詳しくは、ホームページに新しい届出書や個人番号記載に伴う添付書類の追加などについて掲載しておりますので、ご参照ください。

 3点目は、健康管理についてです。40歳以上の方が対象となる特定健診の受診率が向上しません。
 昨年、組合ではデータヘルス計画を定め、組合員の健康管理の向上に努めていますが、特定健診受診率が横ばいの状況が続いています。

 特に特定保健指導では、対象になった方で保健指導を利用される方が極端に少ないという課題があります。ご自身の健康管理の上からも、また医療費の削減からも、どうぞ「特定健診・特定保健指導」の受診及びご利用をお願いいたします。

 この他にも組合では、組合員の減少など様々な課題を抱えていますが、役職員一同、これからも組合方式による保険者機能を発揮し、組合員の福祉向上に努めてまいりますので一層のご支援をお願い申しあげます。

 最後に、今年一年が皆様にとりましてご健勝とご繁栄の年にまりますようご祈念もうしあげ、新年のご挨拶といたします。

平成29年1月

 

                                       

   
 
このページのトップへ戻る
 
埼玉県薬剤師国民健康保険組合
〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町3-5-1埼玉県県民健康センター4F
kokuho@isis.ocn.ne.jp|TEL048-827-0081|FAX048-827-0082