マイナンバー制度による所得確認について
平成30年7月から、マイナンバーを活用した情報連携を利用することにより、当組合が被保険者の所得情報を直接取得することができるようになりました。
これにより、これまで添付をお願いしていた、所得に関する証明書類を省略することが可能と
なりましたので、所得証明書類の組合への提出は必要ありません。
なお、情報連携により所得情報が取得できない方については、所得証明書類の提出をお願いする連絡を組合からいたしますので、その場合は、ご協力をお願いいたします。
  【主な利用事務】  
  70歳以上が対象 ①高齢受給者証の発行に係る課税標準額の確認
②限度額適用認定証の発行に係る課税標準額の確認
 
  70歳未満が対象 ①高額療養費の支給
②限度額適用認定証の発行に係る所得判定
③特定疾病受領証の発行に係る所得判定
 
  情報連携の利用を希望しない方は、従来と同様の添付書類をご提出くださいますよう
   お願いいたします。