平成28年12月から 申請書に『個人番号の記載』をすることより、他人のなりすまし等の不正行為を防止するため、
組合へ提出する際には、 『個人番号確認』+『身元確認』の書類の提出が必要になりました。

個人番号確認書類  申請書に記載した個人番号が正しいかを確認するための書類です。
A B C のどれか
個人番号の通知カード(写し)
 
 

※住民票は「身元確認書類(顔写真なし)」
  としても併用できます。
個人番号が記載された住民票 (原本)
※住民票は
「身元確認書類(顔写真なし)」とも併用できます。
 
 

個人番号カード(両面写し)
※個人番号カードは、
「身元確認」も
一緒にできます。




★2回目以降の手続きで、既に『番号確認書類』を提出済みの方は不要です。
★個人番号が記載された書類は、個人情報保護の観点から原則として当組合へ直接提出していただくか、郵送の場合は「簡易書留」等、追跡可能な方法で提出くださるようお願いします。
 
 
平成28年12月から 申請書に『個人番号の記載』をすることより、他人のなりすまし等の不正行為を防止するため、
組合へ提出する際には、 『個人番号確認』+『身元確認』の書類の提出が必要になりました。

身元確認書類   記載された個人番号の正しい持ち主であるかを確認するための書類です。
1. 2. 3 のどれか
     
   1  顔写真付きは
下記いずれか1点
    2 顔写真なしは
下記いづれか
2点
    3 個人番号カード(両面写し)  
運転免許証(写し)


被保険者証(写し)

※個人番号カードは、
「番号確認」も 一緒にできます。

パスポート(写し)
 



年金手帳(写し)
 
 
 
C その他
運転免許証運転経歴証明書
在留カード
その他、官公庁が発行した顔写真付き証明書
 
 
 
 
 
 
 
 
C 住民票 (原本)
※住民票は個人番号入りだと
「番号確認書類」も兼ねられます。 

 
その他
その他、官公庁が発行した証明書等