埼 玉 県 薬 剤 師 国 民 健 康 保 険 組 合
〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町3-5-1埼玉県県民健康センター4F|TEL 048-827-0081|FAX048-827-0082| メールお問い合わせ

■トップページ
■事務局のご案内
■情報誌のご案内
■薬剤師国保 Q&A
■国民健康保険用語
■申請書ダウンロード
■しくみと被保険者
■機構と沿革
■組合員の資格と種別
■国民健康保険料
■協会けんぽ適用事業
 所が加入するとき
■被保険者証について
■加入・喪失・変更等
 の手続き
■保険給付
・療養の給付
・一部負担割合
・入院時食事療養費
・入院時生活療養費
・訪問看護療養費
・療養費
・移送費
■高額療養費
■出産育児一時金
■葬祭費
■70歳-74歳の方の
 医療制度・保険給付
■75歳以上の方の
 医療制度
■受けられない診療
■第三者行為  
■保健事業

・特定健診について

・特定健診受診方法A
・特定健診受診方法B
・事業者健診データ提供
特定保健指導
・特定健診・保健指導
 契約医療機関一覧
・各種健診補助
・インフルエンザ補助

・郵送検査

旅行費補助
・お祝い・表彰事業
■埼玉県薬剤師国民健
 康保険組合規約
埼玉県薬剤師国民健
 康保険組合における
 個人情報保護の取り
 組み
■自家調剤制限規程
第3期特定健康診査
 等実施計画
第2期保健事業実施
 計画(データヘルス
 計画)
 

70歳〜74歳の方の医療制度と保険給付

 
医療制度の内容 負担割合の判定
所得区分と負担割合 負担割合の変更について
 
平成30年8月診療分から70歳以上の方の高額療養費の自己負担限度額が変わります!
1. 「一般所得者」の外来は、自己負担限度額が18,000円に引き上げられます。
2. 「現役並み所得者」、所得区分が3段階に細分化されるとともに、外来(個人)の自己負担限度額がなくなります。
3. 「現役並み所得者U」「現役並み所得者T」に判定されている方は、限度額適用認定証の申請が必要になります。
「現役並み所得者V」「一般所得者」に判定されている方は、高齢受給者証を提示することで自己負担限度額までのお支払いとなります。(限度額適用認定証は、必要ありません)

医療制度の内容
70歳から74歳までの方には、所得区分に応じて負担割合が記載された「高齢受給者証」が組合から交付されます。
高齢受給者証
薬剤師国保加入者で70歳になった翌月(1日生まれの方は当月)から後期高齢者医療制度に加入するまでの間、「被保険者証」とあわせてお使いいただく医療証です。
該当となる時期
70歳の誕生日の翌月から75歳の誕生日の前日までです。
誕生日が1日の場合はその月から対象となります。
 
誕生日が7月1日 7月から該当
     
誕生日が7月2日 8月から該当
負担割合の種類
「高齢受給者証」に記載されている一部負担金の割合は所得に応じて

(1)3割 
(2)2割
(3)2割(特例措置により1割)

の3通りがあります。
薬剤師国保の資格
75歳になるまでは薬剤師国保の資格は今までとかわりません。
国民健康保険料も今までと同様に薬剤師国保に納めていただきます。
医療機関にかかるとき
1.所得区分が「現役並み所得V」「一般」の方

被保険者証 高齢受給者証
2.所得区分が「現役並み所得U・T」の方

被保険者証 + 高齢受給者証 + 限度額適用認定証
入院等で医療費が高額になる可能性がある場合に必要です。
3.所得区分が「低所得U・T」の方

被保険者証 + 高齢受給者証 + 限度額適用・標準負担額減額認定証
入院等で医療費が高額になる可能性がある場合に必要です。
 
負担割合の判定
判定対象となる方
70歳以上の薬剤師国保加入者の方です。
定期判定
所得状況は毎年変わるので定期的に所得状況を確認させていただきます。

毎年6月に、対象者には
《課税標準額・総所得金額が明記された証明書の提出》をお願いする文書
を送付し、8月1日から最新の所得状況で判定した負担割合を表記した「高齢受給者証」を新たに交付します。
随時判定
世帯で70歳以上の方に異動があった場合は、その都度、判定しなおして年度途中でも〈一部負担割合〉が変更になる場合があります。
提出いただく証明書類
@市町村民税・県民税納税通知書(写)

A市民税・県民税特別徴収税額通知書(写)

B市町村民税課税証明書(原本)

@ABのいづれか(Bに関しては住民登録している市町村で交付されますが手数料がかかります。)

※いずれの書類を提出する際にも
氏名 課税標準額 総所得金額 が掲載されている
かをご確認ください。1つでも欠けていると証明になりません。

※非課税の方は「非課税証明書(原本)」を提出してください。
 
所得区分と負担割合

所得に応じて6つの所得区分に分かれ、内容と負担割合は次のとおりです。

所得区分 負担割合 所得区分の内容

現役並み所得者V
 
3割 70歳以上の薬剤師国保組合被保険者で、住民税課税標準額が690万円以上の方が1人でもいる世帯に属する方

現役並み所得者U
 
3割 70歳以上の薬剤師国保組合被保険者で、住民税課税標準額が380万円以上の方が1人でもいる世帯に属する方

現役並み所得者T
 
3割 70歳以上の薬剤師国保組合被保険者で、住民税課税標準額が145万円以上の方が1人でもいる世帯に属する方
※1ただし、一定の基準を満たす方を除く。)
  ※負担割合の変更について

一     般
 
2割※2 「現役並み所得者V・U・T」「低所得者U・T」のいずれにも当てはまらない方

低 所 得 U
 
2割※2 加入者(注1)全員が非課税の世帯に属する方

低 所 得 T
 
2割※2 加入者(注1)全員が非課税の世帯に属する方で、かつ各種収入等から必要経費・控除を差し引いた所得が0円となる世帯に属する方
住民税課税標準額とは、総所得金額等から各種所得控除等を差し引いた額。
加入者(注1)とは被保険者の他に「第5種組合員(75歳以上)」を含む。
※1 生年月日が、昭和20年1月2日以降の方を含む場合は、年間所得額の合計が210万円以下の世帯の方
(年間所得額とは、総所得額から基礎控除額33万円を控除した額)
※2 生年月日が、昭和19年4月1日以前の方は、1割
 
負担割合の変更について
前出の判定基準で「現役並み所得者T」に該当された世帯の方でも、次の基準を満たせば、申請により負担割合が2割へと変更になります。
負担割合の変更は、申請月の翌月です。
70歳以上の加入者 総収入金額の合計 負担割合
複数世帯(2名以上) 520万円未満 2割(注2)
単身世帯(1名)

ただし特定同一世帯所属者(注1)
がいる場合
520万円未満

特定同一世帯所属者(注1)
の収入も含む
単身世帯(1名) 383万円未満
特定同一世帯所属者(注1)とは、後期高齢者医療制度への移行に伴い、薬剤師国保組合を脱退した人で、継続して同一の世帯に属する人です。
◆2割(注2)とは、生年月日が昭和19年4月1日以前の方は、国の特例措置により1割となります。
◆上表の基準を超える場合は3割のままです。
 
 
高額療養費の計算例 BACK
NEXT 70-74歳の方の医療制度
(入院時食事療養費
高額療養費 他)
このページのトップへ戻る
 
埼玉県薬剤師国民健康保険組合
〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町3-5-1埼玉県県民健康センター4F
kokuho@isis.ocn.ne.jp|TEL048-827-0081|FAX048-827-0082