埼 玉 県 薬 剤 師 国 民 健 康 保 険 組 合
〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町3-5-1埼玉県県民健康センター4F|TEL 048-827-0081|FAX048-827-0082| メールお問い合わせ

■トップページ
■事務局のご案内
■情報誌のご案内
■薬剤師国保 Q&A
■国民健康保険用語
■申請書ダウンロード
■しくみと被保険者
■機構と沿革
■組合員の資格と種別
■国民健康保険料
■協会けんぽ適用事業
 所が加入するとき
■被保険者証について
■加入・喪失・変更等
 の手続き
■保険給付
・療養の給付
・一部負担割合
・入院時食事療養費
・入院時生活療養費
・訪問看護療養費
・療養費
・移送費
■高額療養費
■出産育児一時金
■葬祭費
■70歳-74歳の方の
 医療制度・保険給付
■75歳以上の方の
 医療制度
■受けられない診療
■第三者行為  
■保健事業

・特定健診について

・特定健診受診方法A
・特定健診受診方法B
・事業者健診データ提供
特定保健指導
・特定健診・保健指導
 契約医療機関一覧
・各種健診補助
・インフルエンザ補助

・郵送検査

旅行費補助
・お祝い・表彰事業
■埼玉県薬剤師国民健
 康保険組合規約
埼玉県薬剤師国民健
 康保険組合における
 個人情報保護の取り
 組み
■自家調剤制限規程
第3期特定健康診査
 等実施計画
第2期保健事業実施
 計画(データヘルス
 計画)
 

保健事業
 平成25年6月に閣議決定された「日本再興戦略」において、全ての健康保険組合等に対して「データヘルス計画」の作成と事業実施を求めることとされました。
 医療保険者が、平成26年以降、順次、レセプト・健診情報等を活用した「データヘルス計画」の作成・公表を行い、平成27年度までにレセプト・健診情報等のデータ分析に基づく保健事業を実施することを推進。よって当組合は平成28年度に【第1期データヘルス計画】を作成し、これに基づき保健事業を実施してきました。

 平成30年度は、レセプト・健診情報を分析した結果、新たに【第2期データヘルス計画】を作成し、皆様のニーズにあった保健事業を実施いたします。

特定健康診査事業 疾病予防事業 健康増進事業
お祝い・表彰事業 その他の事業 第2期データヘルス計画
 
特定健康診査事業  
特定健康診査事業は【第3期特定健康診査等実施計画】に基づいて実施します。
  第3期特定健康診査等実施計画
 
特定健康診査(40歳〜74歳)
6月4日に対象者の各自宅へ「平成30年度特定健診受診券」を発送いたしました!
特定健診対象者

4月1日時点で当組合に加入していて、 本年度中に40歳〜74歳に到達する方
次の@からBの方は対象外です。
該当される場合は、必ず組合へご連絡ください。
ご本人が連絡できない場合は、家族の方などが代わりに
お願いいたします。
  @病院・診療所に6ヶ月以上入院している方
  A妊産婦の方
  B障害者施設や老人ホーム・刑務所等に入所している方
実施方法
 
受診方法A   受診方法B   事業者健診結果提供  の
3通りがありますので、選択してください。
※それぞれの詳細な内容は下記参照 (それぞれをクリック)
特定健診受診項目
基本項目
@身体計測 身長・体重・BMI・腹囲
A血圧検査 収縮期/拡張期
B脂質検査 中性脂肪・HDLコレステロール
LDLコレステロール
C肝機能検査 GOT、GPT・γ-GTP
D血糖検査 空腹時血糖 又は
ヘモグロビンA1C(NGSP)
E尿検査 尿たんぱく・尿糖
詳細項目
(基本項目を受診後の結果で医師が必要と認めた場合に受診する項目)
@貧血検査
A眼底検査
B心電図
Cクレアチニン検査
早期受診者特例
 
年度内(4月〜3月)受診できますが、11月末日までに受診した〈早期受診者〉の方には、「旅行費補助」を通常の2泊までを3泊まで補助をするという特例を設けております!!

早期受診すれば、医療機関の予約も取りやすく、また健診後の治療や保健指導も速やかに始められます。
 
受診方法A  
【受診方法A】は、組合から交付される「受診券」を契約医療機関に提出すると特定健診の基本項目を無料で受診できます。
検査項目はメタボに関するものに限られているので、忙しく短時間で受診したい方におすすめです。
受診方法

 
「受診券」を利用して埼玉県内の契約医療機関で受診
「受診券」が届いてから受診までの流れ
@6月上旬に組合から「受診券」が、対象者の各自宅へ届く
A契約医療機関で受診予約をする
B予約した日に受診をする
受診できる医療機関
 
平成30年度特定健診・特定保健指導契約医療機関一覧
※埼玉県内の医師会を通して契約している医療機関です。
 


受診期間
 
平成30年6月〜12月末日の間 1回まで
※12月を過ぎましたら「受診券」は利用できませんので
その場合は 受診方法B  をご利用ください。
受診費用
■基本項目  8,300円
■詳細項目 ※詳細項目は医師が必要と認めた場合のみ受診できる項目です。
  貧血検査 227円
  眼底検査 1,210円
  心電図  1,404円
  クレアチニン検査 119円
上記の全項目、自己負担なしです。(全額組合負担)
組合に提出するもの
 
特になし
※受診すると医療機関から国保連合会を通して、当組合に健診データが送られてきます。
 
受診方法B  
【受診方法B】は、好きな医療機関で特定健診基本項目を含む健診(人間ドック等)を受診し、組合に申請をして補助金交付を受けます。
埼玉県外等、自由に医療機関を選択できる事と、特定健診のみでなく自分で検査項目を追加して詳細な健診を受けることができます。
受診方法
病院なび
日曜・祝日に受診できる医療機関を検索

日本全国好きな医療機関で受診
  特定健診基本項目 が全て含まれていればどんな健診
 でも構いません。
《受診例》
 人間ドック・特定健診に脳ドックを追加・特定健診に PET検査を追加 等
受診から補助金交付までの流れ
@好きな医療機関に予約をして指定日に受診
A費用は窓口で一旦全額自己負担(領収書をもらう)
B健診結果が届いたら組合へ申請をし補助金の交付を受け
 る。
補助対象外の健診
 
次の@からBは補助対象外です。
@診療に伴う保険適用の健診及び検査
A市町村ですでに補助を受けている健診
B事業主が年に1度、従業員への実施が義務づけられて
 いる定期健診(事業者健診)  
補助金は年度内1回の健診につき1度限りの交付です。
 特定健診に他の検診等を組み合わせて受診する場合は
 同一医療機関で「領収書」が1枚であることが必須です。
 領収書が複数に分かれていますと、1回の健診とみなせま
 せんので、ご注意ください。

受診期間
 
平成30年4月〜平成31年3月末日まで(年度内1回)

補 助 額

 
一旦、全額自己負担後、後日申請をして補助金の交付を受ける。
  組合員(第5種を除く) 30,000円
補助額変更
  家 族(第1種〜第5種) 15,000円
※補助額未満の場合は実費支給
 
申請方法
 
健診結果が届いたら次の4点を併せて組合へ提出します。
@平成30年度特定健診対象者健診補助金交付申請書
A質問票(平成30年度版)
 ※30年度から内容が一部変更になっています。
B領収書原本
C健診結果写し(原本はご自分で保管してください。)
※4月から受診できますが、補助金の申請は「受診券」が手元に届いた、6月以降に申請してください。

※補助金申請書に受診券整理番号を記載する欄がありますので届いた受診券の181から始まる11桁の番号を必ず転記してください。

※健診結果や領収書等、申請書内に記載されている注意事項をよくお読みください。

補助金申請受付期間
 
平成30年6月〜平成31年5月15日到着分まで
 

※平成30年度の申請は、平成31年5月15日まで申請を受け付けます。それ以降は受付けませんので、早めに申請してください。

 
事業者健診結果提供

平成30年度からの新規事業です。
昨年度、事業主の方に「事業者健診についてのアンケート」を行いその結果から新たにこの事業を導入しました。

「事業者健診結果」は事業所(薬局ごと)でまとめて提供いただけた場合は、提供料として《謝礼金》を支給いたします。
健診結果は電子データではなく、紙での提供をお願いいたします!

事業者健診結果提供に関するQ&A よくご確認ください!!
謝礼金申請方法

 
事業主が従業員の事業者健診結果をまとめて下記の『同意書』と一緒に組合へ提出します。(提供者それぞれの「質問票」も必要です。
事業者健診結果写しの提供に関する同意書
質問票(平成30年度版)
   ※30年度から内容が一部変更になっています。
※「事業者健診」は事業主の責任で行うものですから、必ず事業主を通して提出いただきます。
従業員が各自で組合へ提供する場合は謝礼金は支給できません。
※添付する健診結果や注意事項は「同意書」内に記載されている注意事項をよくお読みください。
データ対象期間
平成30年4月〜平成31年3月末日までに受診したもの

謝礼金額

 
健診データ1件(1人分)につき 2,000円
※謝礼金の対象となるのは、当組合に加入している6月「受診券」を受け取った特定健診対象者の方のみです。
 
謝礼金申請受付期間
 
平成30年4月〜平成31年5月15日到着分まで
 

※平成30年度の申請は、平成31年5月15日まで申請を受け付けます。それ以降は受付けませんので、早めに申請してください。

【事業者健診データ提供をされる方の注意事項】

事業者健診データ提供をされる方は受診方法Aは重複受診になりますので受診できません。(万が一、提供者が受診方法Aを受診していた場合は、謝礼金は支給できません。謝礼金支給後に発覚した場合は謝礼金を返還いただきますのでご了承ください。)

事業者健診データ提供される方は受診方法Bは利用できますが、事業者健診で受診した項目以外の健診(検診)に限り補助金交付いたします。
今年度で廃止になった「脳ドック」等、受診方法Bで利用できますので、ご利用ください。
 
特定保健指導
「特定健康診査」の結果から、メタボリック症候群の該当者、予備群の方には「特定保健指導」のご案内を送付します。
対象者
特定健診結果から 血糖   脂質   血圧   喫煙
 
リスクがある方
保健指導対象者の基準   健診結果の見方
利用方法
対象者には、自宅へ「特定保健指導利用券」を送付します。
下記の「特定保健指導実施医療機関」へ電話予約をし、医療機関と日程・方法等をご相談ください。
利用場所
特定保健指導実施一覧表(契約医療機関)
※一覧表で、自分が該当した保健指導(動機付け支援・積極的支援)の箇所に○がついている医療機関が対象です。 
利用料

無料(全額組合負担)
※「保健指導」は自己負担だと
 動機付け支援は8,100円、積極的支援は24,700円と
 高額です。

 「利用券」が届いた方は、無料(全額組合負担)で受けら
 れる「利用券」の有効期限のあるうちに「保健指導」を
 受けてください!

 


交通事故にあったとき BACK
NEXT 疾病予防事業
このページのトップへ戻る
 
埼玉県薬剤師国民健康保険組合
〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町3-5-1埼玉県県民健康センター4F
kokuho@isis.ocn.ne.jp|TEL048-827-0081|FAX048-827-0082