埼 玉 県 薬 剤 師 国 民 健 康 保 険 組 合
〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町3-5-1埼玉県県民健康センター4F
|TEL 048-827-0081|FAX048-827-0082|
メールお問い合わせ
       

目次 
詳細な情報はこちらから  
トップページ  
情報誌のご案内  
薬剤師国保 Q&A  
国民健康保険用語について  
書類ダウンロード  
事務局のご案内  
しくみと被保険者  
機構と沿革  
組合員の資格と種別  
国民健康保険料  
協会けんぽ適用事業所が加入するとき  
被保険者証について  
加入・喪失・変更等の手続き  
保険給付について  
療養の給付  
一部負担割合  
入院時食事療養費  
入院時生活療養費  
訪問看護療養費  
療養費  
移送費  
出産育児一時金  
葬祭費  
高額療養費  
高額療養費限度額適用の認定  
特定疾病による高額療養費  
高額医療・高額介護合算療養費  
高額療養費の計算  
70歳-74歳の方の医療制度・保険給付  
75歳以上の方の医療制度  
受けられない診療  
第三者行為(交通事故)  
保健事業について  
特定健康診査
 特定保健指導
 
特定健診・保健指導契約医療機関一覧  

健康診断補助
 (40歳未満)

 
脳ドック補助
(特定健診受診者対象)
 
インフルエンザ補助  
郵送検査  
スポーツ施設利用補助  
宿泊施設利用補助  
お祝い・表彰事業  
埼玉県薬剤師国民健康保険組合規約  
埼玉県薬剤師国民健康保険組合における個人情報保護の取り組み  
自家調剤制限規程  
特定健康診査等実施計画  
保健事業実施計画(データヘルス計画)  
Q&A
資格に関すること 給付に関すること 保健事業に関すること
 
保健事業に関すること
 
 
薬剤師国保には、どんな保健事業があるのでしょうか?
また、利用するにはどうしたらいいのですか?

当組合では、皆様の健康のために様々な保健事業を提供しています。
◇疾病予防事業関連はこちらから
 
◇健康増進事業関連はこちらから
もっとくわしく知りたい方は、組合事務局までお問い合わせください。
 
 
40歳になったら、「特定健診受診券」ていうものが届いたのですが、これはなんですか?


「特定健診」とは、医療制度改革の一環として医療費の高騰原因の一つである糖尿病などの生活習慣病の医療費を抑えるのに、国を挙げて取り組んでいくことになった事業です。

平成20年4月から、我々医療保険者に40歳〜74歳までの加入者に対し、「特定健診・特定保健指導」を実施することが義務付けられました。

その特定健診を契約医療機関で受診するときに必要なのが「受診券」です。
受診方法など詳細はこちらをご覧ください。    

◇特定健診についてはこちらから

 
特定健診は、40歳〜74歳なら、誰でも受診できるのですか?


はい、受診できます。
しかし、対象者には毎年6月初旬に「受診券」を送付しますが、その年の4月1日時点で加入している方が対象です。

4月2日以降に加入した40歳以上の方は、「受診券」の交付はされませんが、健康診断等を受診したときに補助金を受け取ることができる事業がありますので、そちらをご利用ください。



 

「受診券」が届いたけど、私は長い間、入院してました。
それでも特定健診を受診しなくてはいけないのですか?


「受診券」が届いた方の中でも次に該当する方は対象外です。
組合へご連絡ください。
 
@病院又は診療所などに6ヶ月以上入院している方
 
A妊産婦の方
 
B障害施設や老人ホーム、刑務所等に入所している方

 
 
職場で毎年、定期健診を受けていますが内容を見ると検査項目が、かぶっています。
それでも「特定健診」を受診するんですか?


事業主が毎年、従業員に対して実施が義務づけられている「事業主健診」は「特定健診」より優先されます。

「事業主健診」を受診し、健診結果を組合へご提出くだされば「特定健診」を受診する必要はありません。

特典として「脳ドック」を受診した場合に5万円まで補助します。(家族は3万円)


 
 

特定健診はメタボに関する検査項目だけで、もの足りないのですが・・・
もっと詳しい健診を受診したいです。

「特定健診」は受診券を使って契約医療機関でメタボに関する検査項目のみを受診する《受診方法A》と
受診券を使わずに、好きな医療機関で特定健診検査項目を含む好きな健診(ドック等)を自費で受診し、後で組合から補助金の交付を受ける《受診方法B》があります。

詳細な健診を希望される方は、《受診方法B》をご利用ください。

 
 
「特定健診」を組合は受診するよう盛んに言うけど、受診しないとどうなるんですか?


受診しないと、まずあなたの健康状態の把握ができません。健康状態が把握できずに悪化する方が増えると、薬剤師国保が負担する医療費が増加します。
また、保険者には決められた受診率を達成しないと補助金が削減されるペナルティが課せられています。

医療費が増加したり、補助金が削減されると、組合財政が逼迫し、国民健康保険料の値上げを検討せざるをえない可能性も出てくるのです。

どうそ、ご自分の健康のためにも組合財政を守るためにも、「特定健診」は毎年必ず受けてください。


 
 
「特定健診」を受診したら「特定保健指導利用券」ていうものが届いたのですが・・・・?


「特定保健指導利用券」は、「特定健診」の受診結果からメタボリックシンドロームの予備群及び該当者の方に「保健指導」を無料で利用できるためのものです。

専門家が、1人1人の生活スタイルにあわせて、指導・助言等をしてくれます。

保健指導を利用して健康な身体を取り戻しましょう!


 
 
 
   
 



 
ホームページTOPへ このページのトップへ戻る
 
埼玉県薬剤師国民健康保険組合
〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町3-5-1埼玉県県民健康センター4F
kokuho@isis.ocn.ne.jp|TEL048-827-0081|FAX048-827-0082